いわくつきダイアリー

さいたま岩槻のクイズ&ゲームの会「岩Q槻」の公式ブログです。雑談多し(苦笑)

岩Q槻を始めるにあたって

スポンサーリンク

f:id:muro_ktu:20170509185857j:plain


こんにちわ、「岩Q槻」の発足者であるむろかつです。

サークルの会としての概要についてのお話です。

正式稼働は2017年夏以降。その前に仮の例会を…。

今のところ、岩Q槻の正式稼働開始は、「7月頭or8月頭」を予定しております。それは私が長年所属していたクイズサークルえどきゅうを退会したのが昨年の6月末日付でしたので、1年たった7月ぐらいがちょうどいいかな?と思ってます。

ただ、今年1月に「岩Q槻」の話をしたらおもしろそうに話に乗ってきた有志で飲み会をやったんですが、1-2度ほどキックオフミーティング的な、お試し的な例会も開いてみたいので、4月と5月の第1日曜日に開催できないかな、とも考えています。

会としての概要としては…。

主な制度的には、

・例会は3ヶ月に2回程度のペース。第1日曜日開催。
・例会は13時から19時ぐらいまで(昼飯会あり)
・会員制度を採らない(一律で参加費(500円程度)を徴収する)
・会場到着前に前座的に「昼飯会」を開催する(於 岩槻駅前のサイゼリヤ(予定))
・できれば、3-4企画制にして、柔軟な運用方法でやっていく。
・年間ポイントレース・グレード制の採用。
→年間3レースほどG1を採用。クイズ1:バラエティ1:折衷案1的な。
・参加者は広く応募する予定だが、合うか合わないかはその人次第。
・数ページ程度の企画書&会報も作る(必要であればPDF版も配布)

…てな感じです。ちなみにこれでも「えどきゅう」で私が担当していた業務の2割ぐらいの負担で済んでいます。どんだけ長年の積み重ねで仕事を背負っていたのかと(大汗)。

そろそろいろんなアイデアが浮かんできまして…。

で、それに伴い、少しずつですがアイデアが浮かんでくるようになりました。この数ヶ月、ほとんどナイスなアイデアが浮かんでこなかったのに…。

例えば、

----
息子の作業療法のリハビリ中、うつぶせして玩具のキーボードをバンバン押してるのを眺めてる間に、いきなり「あ、岩Q槻で、たほいやのG1なんかおもしろそうだ」と、閃いた。とりあえずブックオフやAmazonとかで中古の広辞苑を探しつつ、えどきゅう時代に親交があったシモシモ先生とかに相談しようかと思う。

最初はフジテレビのM-1グランプリみたいな大喜利G1をぼんやりと考えてたんですがね。2ブロックに分けた個人戦でも、2-3人一組のチーム戦でも「たほいや」は盛り上がりそう。

こないだ正月にガソダム氏とかと呑んだ時に、「フリースペースの片隅に、ムギタンから貰ったワニパックンとか百人一首とか、黒ひげとかが入ったダンボールを置かせといてよ」なんて話もしてたんで、そこに広辞苑も入れておけば(笑)。あの時の面々とは「人生ゲームも変に盛り上がりそう」とかノリノリでしたわ。
----

シモシモ先生、というは、かつて私が「えどきゅう」という会にいた時代、バラエティ企画の雄として企画の名手だった人物で彼に相談、というkは、私が辞めた後に氏がご多忙でえどきゅうからも退会されたという話を聞いたぐらいなので、本当にするか・できるタイミングがあるのかどうかはさだかではありませんが(←すまんのー。勢いだけで名前を出しちゃって<先生)、たいほやのノウハウは過去の例会参加で掴んではいるので、これをうまくやってみたいかな、と思っています。

「気軽に」できるのが岩Q槻の利点、としたいです。

こちらは昼間にmixiの方にも(←一応、mixiもやってます)書いた話なんですが、精神衛生的はここまで私自身のモチベーションが快復してきました。まあそれだけ20年以上もほぼ毎月やりこんできただけに疲れ果てていたという証左でもありますが…。

で、今のところ、これを「T-1グランプリ(仮称)」「ザ・たほいや(仮)」的な感じでのG1でやりたいなあと考えています。勿論、たほいやだけでは間が持たないので何かミニ企画的なものはやろうかなとは思ってますけども。たぶん多くても10人ぐらいの集まりから始まると思うので、大掛かりな企画ではなく、宴会やコンパ、バス旅行の余興の延長的な頭をひねったり、微妙な駆け引きをするような企画は好いなあ、と。

また、これはまことに幸いだったんですが、かつて「えどきゅう」の古株メンバーでありシモシモ氏登場以前に7月例会恒例のバラエティ企画「ムギタン杯」をたびたびやっていて、今は静岡に住むムギタン氏という友人が、結婚と同時に退会した際に、過去の「ムギタン杯」などで使っていたワニパックンや黒ひげ、釣りのゲーム、百人一首などの一式をダンボールで我が家に送ってくれまして、今は、寝室の上のロフト兼物置においてあります。

これを新年会の際に、会場として使うフリースペースの主であるガソダム氏に「フリースペースの片隅にダンボールでも置かせてよ~。ゆくゆくは人生ゲームでも買って企画やるからさー」なんて話をしたら、「あー、俺が暇な時に遊ぶかもしれないし」とかまんざらでもない返事がありまして、ああ、だとしたら、「ザ・たほいや(仮)」の際にはこれらを使った企画もミックスさせよう、とも考えています。

クイズ「だけ」の会にしたくないもので…。

個人的には、「クイズだけ」の会にはしたくないのです。クイズも屋内ゲームのひとつである、という観点からいろいろとできるような、折角の日曜日に集まったんだから、わいわいとお菓子を持ち込んだり差し入れたりして、それを飲み食いしながら(フリースペースは酒屋の上なので公共施設ぢゃない分、お酒も自由です。ただし酩酊しない程度に、ですが。な、三好さん?(謎))、良い意味での非日常を味わうような集まりに、と思います。

やはり楽しくやりたいものですね。

 

以上です。

 

画像…その本文中に出てきた息子のリハビリで登場した「早押し」ボタン。押すと音楽が流れます(笑)

(Text by むろかつ)