いわくつきダイアリー

さいたま岩槻のクイズ&ゲームの会「岩Q槻」の公式ブログです。雑談多し(苦笑)

Twitterでたまたま拝見した「クイズ論」さんのツイートが凄くてびっくりした(感涙)

スポンサーリンク

Twitter

こんにちわ、むろかつです。

最近、ひょんなことから知った「クイズ論」さんという方のツイートがありまして、ここで書かれている事が、「あー、いい事言ってるよなあ。そうだよなあ。でも俺も気をつけきゃなあ」と思うことばかりで、物凄く勉強になっておりまして(笑)

たまたま今日のツイートで、こんないい事を…。

基本的この方は、1つのテーマを3回のツイートにわけて「論じられて」いるんですが、私自身も、過去に何度かクイズをやめようと思ったり、正直、ガチ「ばかり」のクイズがそんなに好きではない傾向があるので…「ああ、この気持ち物凄いわかる」というのが、たまたま今日のツイートでありました。

それは、

 

 

この3つのつぶやきでした。

そうなんですよね、クイズの中級者から上級者に「なりたて」の人が思わず言っちゃう台詞なんですよね。これ。私が前に所属していたクイズサークルでも、結果的にバッドマナーで追い出された人は共通して「これ」を口走る輩ばかりでしたし。そして何度注意しても全く耳を貸さなかった、もしくはその場では殊勝な態度を取っていたけど、次の例会、もしくは同じ例会でも30分もすれば「ケロッ」として同じことを繰り返す…みたいな輩も居ましたね。

クイズとは「感謝のゲーム」だと思う。

4月例会に参加してくれたUchidaさんが以前、こういう事を言ってまして、物凄く感銘を受けたことがありました。

「クイズは「感謝のゲーム」であり、感謝の気持ちを忘れたんだったらクイズはよした方がいい」

という事を。過去によそのクイズサークルに遊びに行ってはバッドマナーが過ぎて出入り禁止を喰らっていた人が居て、その人が当時、私が仕切っていたサークルにも遊びに来てクイズでそこそこ決勝まで行くぐらいの活躍を見せたんですが、あまりのマナーの悪さに3回目の参加の後に出入り禁止になってしまった人がいました。その人をかなり前から知っているUchidaさんが、その人を評して言った言葉でもあるんですけどね。

一応、「岩Q槻」では例会の各企画ごとに「棋戦・タイトル戦」といって優勝者や上位入賞者を決める方式で、最後にトータルスコアの総合順位を出す形式なのですが、「勝ったからといって偉い」というわけでは決して無く、「クイズやゲームを肴にして、皆でわいわい休日を楽しもう」というサークルのつもりで作りました。

クイズの順位だけが「勝ち負け」ではない、と。

勿論、いわゆる「ガチクイズ」「競技クイズ」のようなものも企画としてはやりますが、それが「メイン・目的の全て」ではなく、仮に「勝ち・負け」というものがあるとすれば、「クイズ企画などで優勝する」のではなく「人一倍、皆とワイワイ交流し、クイズ・ゲームを楽しんで日常に戻っていく」ことではないのでしょうか。

以前、このブログの最初の記事で、「ここのサークルは、ニュアンス的には「子供時代の秘密基地のようなもの」」という事を書きました。よそのクイズサークルはクイズ王を目指したり、オープン大会で優勝を目指したり、上位に入るために切磋琢磨を欠かさせない…という会もあります。勿論それぞれのサークルに敬意を評しつつも、「そうではない」サークルがあってもいいのではないか、とも思っています。

…と思ったら、「クイズ論」さんがこんなツイートを書かれてました。

 

 

 いやあどういう方かは存じ上げないんですが、「師匠」と呼ばせてください(感涙)。

 

 というわけで、岩Q槻は「身の丈にあった」「ほどほどの」クイズサークルとしておバカ路線を突き進んでいきたいと思います。…あ、でもガチクイズが好きな方も「一緒に楽しんで」くださる方は大歓迎です。なかなかクイズサークルや大会は初心者の方には「敷居が高い」と言われてますし、そこらへんを取っ払える「クイズ界の入り口脇」のようなおバカサークルで居続けたいかな、と思います。

 

以上です。

※最後に、一部のツイートを転載させていただいて申し訳ありませんでした(多謝)

 

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 ニュースブログ 時事ニュースへにほんブログ村 歴史ブログ 日本史へにほんブログ村 その他日記ブログ 雑感へ