「岩Q槻」公式ブログ

さいたま市岩槻でたまに活動するクイズ&ゲームの会「岩Q槻」の公式ブログです。

2017/04月例会参戦記 #8「早押しクイズ・第1期順位戦/名人戦」(4)」の巻

スポンサーリンク

f:id:muro_ktu:20170421234532j:plain

ここからが第1期順位戦・名人戦の「本編」となります。

まずはB級順位戦。予選で各組4位以下およびプレーオフで負けた3位のプレイヤーがここに参加となります。ルールは7○3×の早押しクイズ。上位2名勝ち抜けとなり、この2人が次節の順位戦・名人戦ではA級に「昇格」となります。

ここでの面々は、組合サトー。・T本山・キム兄ぃ・佐伯明日叶・三好誤服店・キヨミの各氏でした。

序盤からいきなりリードしたのは…。

Q1「現在の千葉県のあたりにあった律令制時代の3つの国とは、下総、上総と→安房」を正解したのは千葉県民である組合。さん。思わず周囲が苦笑いしてたのは(爆)。

Q2「定年目前の人がある日突然無気力状態に陥る「バーンアウト・シンドローム」を、日本語では一般に→燃え尽き症候群」も組合。さんが連取して+2といい感じの出だしとなった。

Q3「サッカーで、ファウルされたと見せかけて、わざと自ら転倒する反則行為→シミュレーション」をキム兄ぃさん、Q4「.doc、.htmlなど→拡張子」を本山さんが正解しそれぞれ+1、Q5「春、夏、冬にJRが発売する、1枚で5回利用できる在来線1日乗り放題の切符→青春18きっぷ」を正解したのは組合。さんで+3とリードを広げる。そこにQ6「現在は、生前贈与の形で、息子が2代目を名乗っている、人気番組「笑点」では長年、いわゆる「黄色いバカ」として→林家木久蔵」Q7「気持ちを引き締めて姿勢や態度を改めることを、衣服の一部分を使って「何を正す」→襟を正す」を三好さんが連取に成功し+2になるが、「ヨッパライのお前こそ襟を正せ」とツッコミが入り周囲大爆笑とは(失笑)。

しかし大逃げは許さないとばかりに。

その後、前半戦はQ8「主に武術や芸術、個人商店などで、奥義や秘伝を、自分の子のうちただ一人だけに伝えるという意味の→一子相伝」を佐伯さんが誤答して1×、Q9「議論や諸問題では利害関係者ではない人、ドッヂボールではぶつけられる心配の無い人、野球ではレフト、センター、ライトの→外野」を本山さん正解で+2、Q10「結婚披露宴では歓談タイムの合間に行われたお色直しの後に行われることが多い、新郎新婦が各テーブルを回ってろうそくの火をともしていく演出を→キャンドルサービス」をキム兄ぃさん正解で+2となり、いよいよ接戦の様相を呈してきたのだった。

[Q10終了時点]

組合。+3、T本山+2、キム兄ぃ+2、佐伯0/1×、三好+2、キヨミ0

 

Q11「アニメ「とっとこハム太郎」ではハム太郎がこれの種が大好物という設定である、日本では、弁護士がつけるバッジにデザインされている花→ひまわり」を「ハム太郎が大好物」で押して(苦笑)三好さん正解で+3でトップの組合。さんに並ぶ。

Q12「第10回アメリカ横断ウルトラクイズの南米コースのチェックポイントとしてクイズが行われたこともあった、ペルーとボリビアの国境にある、湖面の標高が世界一高いことで知られる湖→チチカカ湖」を佐伯さん正解で初日を出す。

Q13「NHKがテレビ等を見るために契約を結んだ人から徴収する料金のことを→受信料」を正解したのは組合。さんで+4と再び単独首位となる。

Q14「世界の国旗のうち、色の比率が若干違うだけで、まったく同じ図案となっている2つの国とは、インドネシアと、ヨーロッパのどこの国→モナコ」は、制限時間ぎりぎりで本山さんが正解し+3。実は本山さん、指は遅いが押せばほとんど正解として持っていくというタイプのプレイヤーなんですがさすが…というべきか。

「あー、テーデーケーテーデーケー」(謎)

Q15「出家する前の旧名を「晴美」といった、『夏の終り』『かの子撩乱』などの作品が名高い「青空説法」でも知られる女流作家→瀬戸内寂聴」…を正解したのは組合。さんでこれで+5。いよいよリーチ圏内に差し掛かってきた。

Q16「昭和41年に、国産初のカセットテープを発売した電気機器メーカーで、創業時には「東京電気化学工業株式会社」という社名→TDK」を「国産初のカセットテープを発売した」で押して「ソニー」と誤答したのは組合。さん。最後まで問題を聞いて「あー、テーデーケー、テーデーケー」と組合。さんと一緒に嘆く面々がなぜか多し(笑)。

で、Q17「同じ呼び方をする日本の地方自治体で、漢字で「佐倉」と書く佐倉市は千葉県にありますが、ひらがなで「さくら」と書くさくら市は→栃木県」も組合。さんが正解しいよいよ+6でリーチを掛けるも、Q18「テレビやラジオのニュース番組でもトップ項目で扱われるニュースコーナーにはこの名前がよく使われている、新聞などの「見出し」のことを指す英単語は何でしょう?→ヘッドライン」も組合。さんが誤答して、これで6○2×という「どっちに転がっても解答権を取ったら終わり」という次第に。

で、1問スルーを経て、Q20「本名を内藤というミュージシャン・タレントで、ロックバンド・BREAKERZ(ブレイカーズ)としての活動や、祖父に元首相の竹下登を持つ縁で、かの「平成」の新元号の額縁を持ち出して→DAIGO」を佐伯さん正解で+2となり、20問目が終了した。

[Q20終了時点]
組合。+6/2×(ダブルリーチ)、T本山+3、キム兄ぃ+2、佐伯2/1×、三好+3、キヨミ0

組合。さんは勝ち抜けるのかそれとも飛ぶのか?

組合。さんダブルリーチの状態で20問目を過ぎた。ここから後半戦となる。

Q21「「熊のパディントン」の好物である、主にオレンジ、夏ミカン、ユズ、グレープフルーツなどでつくられるジャム→マーマレード」を本山さん正解で+4、Q22「1932年4月24日に目黒競馬場で行われた東京優駿大競走、現在の第1回日本ダービーで、優勝した馬→ワカタカ」を正解したのは三好さんでこれで+4とするが、続くQ23「漫才ブームの先駆けとなった漫才コンビで、「キューリピーマンなす別荘」「田園調布に家が建つ」などのギャグで人気があったのは→星セント・ルイス」をど忘れして答えられなかったのも三好さんで1×がついた。この誤答は組合。を追わねばならない三好さんにとっては痛恨となるのかどうか…。Q24「明治時代の文豪である夏目漱石は「月が綺麗ですね」、二葉亭四迷は「私は死んでもいい」と訳したという、一般的な英語で相手に愛を伝える表現と→I love you」を佐伯さんが正解して+3とする。

しかしここで、

Q25「吸い口と雁首(がんくび)にだけ金具が使われ、その間には金具がないことから/、「入るときと出るときは金(カネ)を使うが、中間には金(カネ)を使わない」という意味で、今では「無賃乗車の代名詞」と」

…を押したのは組合。さん。「キセル」と答えて正解して+7となり1抜けを達成したのだった。

ちなみに組合。さんは某鉄道会社の運転手が本業でそれをよーく知ってる面々が多かったので「青春18きっぷ」「キセル」の正解劇でなぜか勝ち抜けで大爆笑、という凄まじい事態になっておりました(苦笑)。ま、元々この人は問題の引きの良さが随一という凄まじい人でもあるんですけどね。

[Q25終了時点]
組合。+7/2×(1抜け)、T本山+4、キム兄ぃ+2、佐伯3/1×、三好+4/1×、キヨミ0

残る1枠をかけての争いが始まった。

Q26「ロンドンではチューブ、パリではメトロ、ニューヨークではサブウェイと呼ばれる乗り物を、日本語では→地下鉄」を正解したのは三好さんで+5で2番手に上がってきた(ちなみに最後まで問題文を聞いて「日本語かよ」ってツッコミを入れてきたやつが多し(苦笑))。

そこに、Q27「レオナルド・ダ・ヴィンチの名作『最後の晩餐』で描かれている出来事はこの曜日の話であった、北欧神話の神「トール」が英語読みの由来となっている週刊モーニングや週刊新潮・週刊文春が発売される日→木曜日」は、キム兄ぃさんが「金曜日」と惜しい誤答をして1×がつき、Q28「定例・臨時・持ち回りの3つの形態がある、内閣がその意志を決定するために開く会議→閣議」とQ29「明治時代に大阪で開発された頃はコノシロを使っていたと言われている、ポルトガル語で「ボート・小舟」という意味がある、サバの押し寿司→バッテラ」をキム兄ぃさんが連取して取り返してこれで+4で、どうにか三好さんを追いかける。

が、Q30「甲子園球場を会場にして行われる高校野球の全国大会、春の選抜大会の主催は毎日新聞社ですが、夏の選手権大会を主催する新聞社は→朝日新聞社」を三好さんが正解して+6。いよいよリーチを掛けた。

キム兄ぃさんの猛追と三好さんの逃げの戦いの末は…。

しかしQ31「往年の「ドリフ大爆笑」のオープニングなどで、スターのステージを盛り上げるため、テニスルックの女子メンバーがポンポンをもって踊るスタイルが印象に残っているグループ→スクールメイツ」を正解したのはキム兄ぃさんでこれで+5で負けられない。

そして、

Q32「現在は商品名が販売元の会社名となっている、1930年に日本初の入浴剤「浴剤中将湯」に温泉成分と芳香を加えて発売した、「風呂(バス)に入ってきれい(クリーン)になる」という意味で命名された当時の津村順天堂の大ヒット商品」

という問題を、「「浴剤中将湯」/」で押し合いになりそれを制したのは三好さん。「バスクリン」と答えると正解チャイムが鳴り響き、+7到達、2抜け達成となったのだった。

[Q32終了時点(B級順位戦最終結果)]

組合。+7/2×(1抜け)、T本山+4、キム兄ぃ+5/1×、佐伯3/1×、三好+7/1×(2抜け)、キヨミ0

これにより次節は組合。さんと三好さんがA級順位戦に昇格ということになり、そしていよいよ初代の名人位が決まる「A級順位戦」の開始と相成っていくのでした…果たして組合。・三好と入れ替わりにB級に落ちるのは誰なのか…(つづく)

 

▼クリック頂けると励みになります!
にほんブログ村 その他日記ブログ 雑感へ